格安飛行機の安全性を知ろう。

格安飛行機とも格安航空会社ともLCC(ローコストキャリアの略)とも呼ばれる航空会社が増えている昨今ですがその安全性は一体どの程度なのでしょうか・・・
日本国内における国内線でのLCC会社はジェットスター・バニラエアー・ピーチ航空・春秋航空の4会社があります。これらの航空会社は基本的に路線距離に見合っているA320やB737を使用することが多いですが、これらはANAやJAL等の譲受け、所謂お下がりが多くを占めています。新しく就航したバニラエアーでは新機体を新たに購入する形を取りましたが基本的にはお下がりの機体を使用する会社が殆どです。
これは新機体を導入する訳ではなく安価で機体を購入出来るためです。ですがお下がり品には耐用年数が短いものが多くこれを過ぎると当然ながら事故の確率が上昇します。
会社によっては整備を大手に頼んでいる会社もあれば自社で整備士を雇い整備をしている所もあります。
ですがこれは安全性を低くしている訳ではありません。むしろLCC側としては客足が遠のいたその瞬間から倒産まで一直線という事も少なくありません。この事から整備にはむしろ神経質になっているといっても良いと思います。安全性は機体によって変わるといっても数パーセントです。この数パーセントが大きいか少ないかに関しては人による所ですが、航空会社の安全性は安定して一定と言ってもいいかもしれませんね。

格安飛行機はいくらかかるか知ろう。

格安飛行機を利用する際の格安航空券は空の旅をリーズナブルに利用できることから人気の航空券のひとつであると言えます。その種類にもいくつかあり、利用するにあたっての条件も異なります。まず、オープン航空券が挙げられます。これは有効期限内であれば復路のフライトを変更することができるものです。有効期間は航空券によって異なりますが、期間が短いほど安く、期間が長いほど高くなります。
もうひとつはペックス航空券です。これはどのような航空券であるのかというと、航空会社がそれぞれで設定している航空券です。オープン航空券は旅行会社からのみ購入することができる航空券ですが、ペックス航空券であれば各航空会社から購入することができます。
一般的にはオープン航空券の方がペックス航空券よりもリーズナブルです。しかしながら利用する時期や航空会社によってはペックス航空券の方がリーズナブルであることもあるので利用するときにはチェックすることがポイントであると言えます。また、正規運賃よりも安いことから利用するにあたっての条件も細かく分かれています。変更や払い戻しができないなどその条件は異なるのであらかじめ確認して購入することが大事なことであると言えます。

購入は、インターネットでするのが一番得な方法といえます。一括して検索でき、各航空会社の料金や特徴を比べることができる、このようなサイトを利用して、航空券チケット予約するととても便利です。

格安飛行機はどうやって乗る?

格安飛行機を予約するにはウェブ予約が基本となります。航空会社によって予約システムは異なりますが、日本語表示のものを選び、誘導に沿っていけば心配ありません。またホームページが充実しているため「よくある質問」のページを読んでおくと、困った時に役立ちます。
次にチェックインの方法ですが、ウェブチェックインをしておくと搭乗カウンター前に行かなければならない制限時間を短縮できるため大変便利です。これも航空会社によって何日前からできるか異なりますので、ホームページで確認しておきましょう。事前にチェックインを済ませ、航空券を印刷しておけば、さらに出発時間前の時間に余裕ができます。印刷できない場合は空港のチェックインカウンターで手続きをするため、出発時間に余裕をもって出かける必要があります。
空港では、格安飛行機の搭乗口は比較的端っこにあることが多く、大きな飛行場だと一般の航空会社の出発ロビーと階数まで異なる場合がありますので、事前に調べておきましょう。また手荷物の個数制限が厳しいので荷物が多くなるような場合は、あらかじめ手荷物料を含めた料金設定の航空券を購入しておいたほうが、後から追加料金を加算されるより安くて済みます。

格安飛行機でどこに行ける?

日本の空港業界にも格安飛行機が飛ぶ時代になりましたが、既存の飛行機会社のように各県をつなぐ交通機関として、多くの飛行便があるわけではありません。そもそも格安飛行機として、通常の飛行料金よりも半額から場合によっては10分の1にまで料金を落としても採算を合わせるには、それだけ利用者の人数が多い空港間でなければなりません。
そのために、格安飛行機で飛んでいける地域は限られた空港になっています。
最も多く乗り入れている空港は国際便が離着陸する空港です。したがって、成田空港と関西空港が多く、海外から到着して各地方都市の空港に乗り換えて行く人たちが多い空港に限られています。また、これの反対で地方都市の空港から海外に行くために、国際便が出ているこの二つの空港を利用する人たちの便として飛ばしているのです。
例えば、日本の飛行便で最も乗客の搭乗率が多いのは新千歳空港と羽田空港ですが、これまで海外に出かけるには新千歳から羽田に行き、それからリムジンバスで成田まで行かなければなりませんでした。これまでも、新千歳と成田間の便はありましたが一日に一往復と少なく不便だったのです。このように、採算のあう空港間に飛んでいるのです。

格安飛行機のサービスはどうなのか?

格安飛行機は、様々なコストを削減することで、低価格を実現しています。そこで心配になるのがサービスの内容です。どのようなサービスに違いがあるのでしょうか。
まず大きく違いがあるのが、フード・ドリンクです。大手航空会社ですと、ドリンクや機内食はエコノミークラスでも無料で提供されますが、それらはすべて有料になります。フードやドリンクを楽しみたい人は、お金を払えば楽しめます。また、メニューについては、路線ごとにご当地メニューがあるなど、各社が様々な工夫をしています。種類もいろいろと展開しているので、選ぶ楽しみが得られるのは楽しみでもあります。
設備の快適さもサービスのひとつです。まず、シートの幅や感覚は、大手航空会社よりも狭いことが多いです。シートの間隔などは航空会社によっても違いが大きいので、心配な方は事前にインターネットなどで調べるのが良いかもしれません。あと、オーディオサービスや、機内のテレビなどはありません。音楽などを楽しみたければ、自分でオーディオプレーヤーなどを持参する必要があります。
最後に、キャビンアテンダントの皆さんは、笑顔でキビキビとサービスされています。格安飛行機では、ひとりのキャビンアテンダントにかかる負担も大きいですが、それを感じさせないのがプロだなと思いますね。